jQuery.noConflict();
加賀百万石 金沢の金箔を使った工芸品が沢山並んでいます。加賀の国より金箔漆器をお届けします。金箔の材料は金沢、金箔商品は加賀の国が日本一です。金箔商品のお問合せは・・・・・土谷漆器 まで!! 。

ユアガイド

ホーム店長日記
店長日記
店長日記:6
2011年04月16日
いつも、当社のホームページを御覧頂き誠に有難うございます。手抜きで大変恐縮ではありますが、当社ホームページのリンク集にもあります つっちー 経済にボディーBLOOーg!!!(徐々に効いてきます!!)政治・経済・景気・・・裏の話・・・と言うブログも私は書いています。宣伝の意味合いも込めて同じ内容ではありますが、 店長日記 に書かせていただきます。もし、御興味あれば、これからは当社ホームページのリンク集よりお願いいたします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・それでは皆さん、これより御覧下さい!!・・・・・・・・・・・・・・・・


 ※下記の内容文は 平成23年1月10に記した文面です。一部書き足してありますがどうぞごらんください!!

 今年早々に東日本大震災がありましたが、経済を人間にたとえるなら、交通事故にあって骨が折れた状態が今日の日本国の今の状態であります。今は、動けないので働く事も出来ず収入(売上)が入ってきませんがそのうち折れた骨が治ってくればリハビリをして時間は掛かりますが治って又復旧しだして働く事が出来ます・・・・がその人間(経済)には体のいたるところに癌が有る為に早急に手術をして癌を摘出しなければ死(国の破綻や世界恐慌)にいたります。このような人間(経済)の状態が、今の日本というよりも世界の状況です。今年度もまだ始まったばかりだと言うのに来年の話をするのも何ですが、2012年は世界も日本も変化の大波に洗われる年になるように思われます。
サブプライム問題に端を発する金融危機は、各国の空前の財政支出と金融緩和で何とか大禍を逃れてきましたが、見方を変えれば、民間の証券化商品が負った負のリスクを国債に移し替えて急場をしのいだだけで、リスクは国債バブルの形で温存されています。2011年はその財政支出と金融緩和で株はバブル化して高くなるかと思いますがその反動で2012年は深刻な状況になるものとおもわれます。今年は1ドル80~70円で収まるかもしれませんが、来年は1ドル70~60円になると思います。(個人的な予測なので馬鹿にしていただいても構いません!!OK!! )今年の株価は上がり調子になるものと思われますが、急に落とされますのでくれぐれも御注意下さい。(私は基本的に株価は操作されているものと思っています。)おそらく今年は11,500円ぐらいまで上るかもしれませんが2012年の来年は想像を絶するような株価(具体的には言えません・・・が!!)になると思いますので十分御注意下さい。それは、世界的な不況でドイツやフランスの大きな銀行が破たん(倒産)するかもしれませんし、また、アメリカのバンク・オブ・アメリカなんかも危ないので、もし破綻などと言う事になればグローバル化の負の津波が世界中を襲う事となりますので上記のシナリオは十分ありえるのではないかと思います。日本の日銀が昨年の9月に円売りドル買いの円安誘導(円高阻止)に踏み切って一時国民又は金融関係各所は喜んで(輸出増加?・株価が上がる?)いましたが、残念ながらこれは建前の政策又はアメリカから脅しを掛けられてやった政策です。円安誘導はすぐに戻ってまた円高基調になっていますし、円・ドルの関係は以前から言っているように1ドル=70円・60円となって行くしかありません。円安誘導(円高阻止)の為に円でドルを買っているわけではなくて、買ったドルで米国債(返す気のない借金)を買わされていると言う事です。つまり、アメリカからの恐喝であって同時にアメリカの衰退(悪あがき)を意味しているのかも知れません。日銀が円売りドル買いの円安誘導(円高阻止)をした時期は昨年の9月でしたが、その時期には意味があって、実はそれ以前に中国が米国債(返す気のない借金)を売り払っている為(ここら辺は、中国は頭が良くてしたたかです。日本も見習うべき事ではないか!!)、意図的にその穴埋めをアメリカが日本に強制的にやらせている(恐喝している)という事です。つまり、喜んでいる場合では無いという事は明らかですネ。米国の実体経済は恐らく今年の2011年の後半から弱含み、2012年~2013年までは厳しいだろうと見ています。実体経済の回復なくして、本格的な株価の回復も考えられません。しかし、アメリカもすんなりと国力低下や基軸通貨ドルを手放すとは思えません。それは、今までのやり口を見れば一目瞭然で、クリントン元大統領は詐欺師(ハイウエイ構想?でインターネット網を日本を始め世界中の金融機関から資金を調達して全米に張り巡らせるだけ張り巡らせて、挙句の果てに粉飾決算でエンロンを計画破綻させた・・・つまり、多額の負債を日本や世界の金融機関に負わせた!!意図的に業と!!)、ブッシュ大統領はヤクザ(何の根拠も証拠も無いのに言いがかりをつけるだけつけて暴力を振るう!!)、オバマ大統領は純粋でまじめな大統領ですが、アメリカの財政を立て直す為に意図的に送り込まれているだけのピエロです。(アメリカの大統領は基本的にみんなピエロですが、特にオバマは・・・可愛そうですが↓)白人大統領が財政再建をやろうとすると国民から反発を買って政治的運営がうまく行えない為(黒人からの反対や反発が抑えきれなくなるので!!)、意図的に黒人大統領を送り込ませて財政再建させている最中です。(白人は今しかたなくアメリカの財政再建をじっと我慢して容認している最中です!!)。そして、黒人は普通なら反発して暴動を起こすところですが、黒人の大統領がやっているという事で文句を言わず我慢して財政再建を容認しています。・・・・・しかしこれは、意図的に黒人大統領を送り込んでいる(黒幕はロックフェラーですが・・・)と言う事に気がついてください。その後は、オバマ大統領は金融・財政的なことを処理するだけして(嫌な事ばかり押し付けて処理させている!!)旨くいかず辞任に追い込まれると言う筋書きです。その後は、悪魔のヒラリーが大統領になって景気浮上策として世界的な公共事業(戦争 )をする事となると思われます。何処でやるかはわかりませんが戦争と言う名の公共事業をやらざるを得ないでしょう。そうしないと景気を浮上させるだけのものがどこにも見当たりません。尖閣諸島の件や北朝鮮問題(韓国への勃発)も意図的に起こしていて(裏でつながっている)、私は見たわけではないし証拠をつかんでいるわけではありませんが、アメリカの国内情勢(金融・財政的や治安等)が悪くて国内の国民の目や矛先を外に向けさせるために意図的にやっている事と思われます。この手口は中国のお家芸でいつもやっていますネ!!クソまじめに民主党や管総理の対応がまずい、又は日本国が世界からこの程度の身の振り方しか出来ない・・・と言うような新聞やテレビ等のマスコミ関係の報道を鵜呑みにして振り回されないように十分ご注意くださいませ。尖閣諸島の件は、日本と中国を意図的に喧嘩させる事に意味があって、国内情勢(金融・財政的や治安等)が悪いアメリカの国民の目をそらす目的や、日本がアメリカに頼らさせる事など(結局は日米同盟が一番重要ですよ・・・と言わせたいだけ!?そうさせたいだけじゃないの?!違いますか?!アホらし!! )がある訳です。私は自民党派でも民主党派又はその他の公明・社民・みんなの・たちあがれ・・・もろもろの派でもありませんし、マスコミが良く使う無党派でもありません。まったく興味がありません・・・今までも、そしてこれからも!!ひとりでも世の中を変えて行きたい?・・・・?派です。1番・頂点・悪しからず!アメリカの国を例えて言うならば、超一流老舗旅館と言ったところでしょう。つまり世間体の評価は一流で何をとっても一番で、経営陣の羽振りも半端ないくらいの生活をしていますが、会社の中身は赤字まみれで火の車!!今はつぶしたいけど大き過ぎて潰せない・・・ですがこのまま放っておくと次第に、大き過ぎて助けられなくなるかもしれません。これは笑いを取ろうとしている所ではなくて、まじめに考えないといけないところです。このようなアメリカですが、考えていることも馬鹿らしくて簡単に言うと民主党を転覆したいだけ!!(管政権なら上手く丸め込めれたのでこれでいいと思っているかもしれませんが!?アホとちゃうか?)もっと具体的に言うと小沢一郎は煙たい存在なので失脚させたいだけであります。新聞やテレビ等のマスコミもアメリカの手先なので、親分であるアメリカ君のお願いで、一緒になって小沢君をいじめているだけの他愛も無いイカサマ野朗達です。くれぐれもこのようなマスごみには惑わされないように十分気をつけてください。上記内容は 私の独り言です。 御了承願います。!!悪しからず。 信じるも、信じないも、貴方次第!!ご参考に!!
2010年06月16日
いつも、当社のホームページを御覧頂き誠に有難うございます。5~6月は商品の切り替え時期や決算期等がありなかなか店長日記を書いていられませんでした。手抜きで大変恐縮ではありますが、当社ホームページのリンク集にもあります つっちー 経済にボディーBLOOーg!!!(徐々に効いてきます!!)政治・経済・景気・・・裏の話・・・と言うブログも私は書いています。宣伝の意味合いも込めて同じ内容ではありますが、 店長日記 に書かせていただきます。もし、御興味あれば、これからは当社ホームページのリンク集よりお願いいたします。
・・・・・・・・・・・・・・・それでは皆さん、これより御覧下さい!!・・・・・・・・・・・・・・・・


皆さんはCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)と言う金融商品(保険商品)を御存知でしょうか?倒産しそうな会社の負債(借金)リスクを証券化した金融商品の事です。このような商品の他にもCDO(債務担保証券 サブプライムローンに代表されるローンの支払い不能による負債を証券化したもの)あとABS(資産担保証券)やRMBS(全米の住宅ローン債権を何百本も集めて組み立てなおして証券化した商品)・CMBS(商業用不動産ローン担保証券)など訳のわからぬ商品が沢山世の中にははびこっています。銀行さんが笑顔で売りに来た投資信託の中にはほとんど・・・と言うよりも必ず入っています。(直接入っているものから、表面上は入ってはいないのだが間接的に必ず作用する様になっている)特に一番厄介なのはCDSです。別名、金融大量破壊兵器と言われていますが、CDSを詳しく言うと、もしC社が倒産したとします。B社は倒産を保障してくれる保険商品に入っているので保険会社が保障してくれると思っていたら・・・出来ません!!・・・と言う事になったとします。すると、B社は保険料は払っているはC社の負債は被るで倒産したとします。そうするとA社に同じように被害が掛かってきます。このように連鎖的にほぼ無限大にドミノ倒しのように倒産になって行く可能性があります。これだけならただ単に世界中の国々が関与して倒産を食い止めれば何とかなる訳ですが、そのリスク(倒産を保障するリスク)を混ぜ込んで、金融商品にして世界中に(企業や個人にも)売ってしまっている為、金融の核爆弾が爆発する可能性を世界的規模ではらんでいる状態が、今日の世界状況です。これらの商品(金融派生商品)のほんの一部であるサブプライムローンを証券化したCDOの被害が出たのが1年ほど前に起った事でした。まあー、間接的とは言えアメリカ人が家を建てるために借りたお金(借金)を払いきれなくなった負債は、銀行さんが笑顔で売りに来たいろいろな投資信託中に入っていて、貴方(世界中の人達)が代わりに借金返済を肩代わりした・・・と言う事です。このような金融商品で損失額が沢山有る人程、自分は他人とは少し違うし実力が有る!!そして他人より出来る人間であると思っているか、もしくは深層心理的にそう思っている度合いが高い!。勉強が出来て、頭の悪い人にとても多いのです。つまり、なんとかと言う有名シェフがつくったハンバーグステーキはうまい!!これを知っているのは私だけで他の人より先を行っている・・・・と思っていたら、そのお肉は狂牛病の肉を使っていた・・・と言う事です。皆さんは大変に衝撃的な事だったと思われていると思いますが、これは、ほんの序章に過ぎません!!私はそれほど詳しく無いので良くわかりませんが、このような金融派生商品は6京円あるといわれています。つまり、60兆円の1,000倍です。そのほとんどがCDS(倒産リスクを証券化したもの)だといわれています。(参考にまで、サブプライムローン関係の金融商品は・・・CDOです。額は小さいのです。)だから、アメリカの保険会社AIG(世界最大)は倒産させるわけには行かないと言う事なのです。今、次に破裂しそう!・・・しつつある?している最中?・・・はCMBS(商業用不動産ローン担保証券)です。参考にまで、破産する前のリーマンブラザーズの倒産リスクを金融商品にしたものを、AIGが組み立てて日本の農林中金(全国のJA農協の金融を運用している銀行)に売っていました。色々な金融派生商品を購入している為、15兆円もの損失が出ています。しかも2009年の3月に、一度かなりの損失を出しているにもかかわらず、これからは絶好の投資機会と見ていたらしく、再度相当な金額を投資しました。アホと言うか先が読めていない為、2009年の10月にリーマンブラザーズの破綻により再度巨額の損失を出す事となりました。これで南無阿弥陀仏・・・・です。ここで、責任を取らずに逃げていった人達(元官僚上がり)の名前を挙げます。上野博史元理事長・高谷正伸元専務理事・河野良雄元副理事長です。皆さん、責任も取らずにJA関連に天下りしていますが・・・責任なんかどうでもいいけど、残されたJAの社員やそのお客さん達の預金や保険は補償されなくなるのでは・・・・どうでしょうか? どうしますか?   行く行くは国が関与して解体されるのかな!?上記内容は 私の独り言です。 御了承願います。!!悪しからず。 信じるも、信じないも、貴方次第!!                ご参考に!!
2010年06月01日
いつも、当社のホームページを御覧頂き誠に有難うございます。商品を目的としている方、又はこの 店長日記 を目的としている方等、人それぞれだとは思いますが、私事で大変恐縮ではございますが、当社ホームページのリンク集にもあります つっちー 経済にボディーBLOOーg!!!(徐々に効いてきます!!)政治・経済・景気・・・裏の話・・・と言うブログも私は書いています。今回は宣伝の意味合いも込めて同じ内容ではありますが、 店長日記 に書かせていただきます。もし、御興味あれば、これからは当社ホームページのリンク集よりお願いいたします。
・・・・・・・・・・・・・・・それでは皆さん、これより御覧下さい!!・・・・・・・・・・・・・・・・

             中川昭一元金融・財務大臣の泥酔会見の謎!!
皆さんは御存知でしょうか???日本は毎年米国債を年間で21兆円購入しています。つまり、借金まみれの大国アメリカに年間で21兆円ものお金を、まだ貸してあげている(いつまで、どこまで借りるつもりなんだ!!怒り!!!!!)と言う事です。それも、まったく日本に返す気のないお金であるという事も御承知下さい。今も現在進行形で米国債を購入しています。政府は日本国債を発行して、来年度の予算を通しました。・・・などと言う事に腹を立てている場合では無いと言う事です。人のお金で投資したり、自国の借金返済に充てたりしているアメリカに借金を踏み倒される事はもちろん!借金大国に日本は抱きつかれて、共倒れをする可能性はとても高いのです。そういう日本を守るために、中川昭一元財務・金融大臣は、もう!これ以上アメリカ国債は買えない!!買い増ししたくない!!アメリカは勝手だ!!・・・・と、面と向かってアメリカを批判していました。そんな、愛国心の有る中川昭一元財務・金融大臣が、到底考えられない泥酔状態での記者会見で失脚する事となりました。・・・おかしいとは思いませんか?確かに酒好きではあってもあそこまで泥酔した状態で人前に出(記者会見)る事自体が、なにか妙な感じがしませんか?私だけなのか???記者会見に出ない手もあったはずなのに・・・又、周りがどうして止めなかったのか??この泥酔会見の少し前に、日本(中川元財務・金融相)はG7において極めて大きな約束(仕事)をしてきました。IMFに対して1000億ドルの融資、アジア諸国連合(ASEAN)などの途上国に対しては10億ドルの融資をしました。ストロスカーンIMF専務理事が「今回のG7の最大の具体的成果は日本によるIMFへの増資だ。日本による貢献と融資は、これまで人類の歴史で最大のものだ。」とまで評価したのですが、マスコミ各社はこのメッセージを削除して報道をしないだけでなく、日本の財務大臣を叩きまくりました。ここで、直接中川氏に手を下した(泥酔状態にした)人達の名前をあげますが・・・元アメリカ国務副長官で、今は世界銀行総裁のロバートゼーリック・元財務省国際局長の玉木林太郎・元財務官僚の篠原尚之(泥酔会見で中川氏の左に座っていた人です。)と読売新聞・編集局経済部の越前谷知子、日本テレビ・原聡子、ブルームバーグ・下土井京子達です。ここからは、どのようにして中川元金融・財務大臣をあのような酩酊会見に貶めたのかは私は知っていますが、細かい詳細など各人のやり取りはあえて省きます!!これを話すと、とても話が長くなり各人の人間関係などを長々と話しをしなくてはなりません。大まかな話で済ませますが、大仕事を成し遂げてホッとした中川財務・金融相に対して、女性記者が慰労会と称して酒を飲ませたのです。ちなみに、上記の3者(男達)はみんなこの後出世する事になりました。3人の女性記者の中で読売新聞・編集局経済部の越前谷知子が本当の意味で直接手を下した人物です。それ以前は彼女の人物画像が沢山インターネット上でありましたが、今は削除されてほんの少しの画像しかありません。有る意味、私も思わず罠にはまってしまいそうなくらいの美人な人です残念ながら、これ以後また日本国は年間で21兆円の米国債(返す気のない借金)買いを再開しています。これで、中川氏を日本国財務大臣から引きずりおろす事にアメリカは成功しました。また、前回のブログでお話したように、小沢幹事長を不起訴にする代わりに郵便貯金でも米国債を購入させる事にもアメリカは成功したことになります。参考にまで、中国は米国債の購入額で昨年末にでも日本を追い越す勢いだったのですが、ここへ来て買わずにいますし、もしかすると今年の年末に売りにかかるかもしれません。・・・・そうすると、めでたく世界恐慌へ突入です。バンザーイ!!
本来、マスゴミは事実だけ報道していればいいのだと思います。それ以外のことはすべて不要です。!悪しからず!! 上記のお話は全て、私の独り言 です。御了承願います。信じるも、信じないも、貴方次第!!                ご参考に!!

2010年05月22日
前回の店長日記で書いたように日経平均がかなり落ち込んできています。(前回は5月以降9.000円を割り込む勢いで落ちていく!!・・・と書きました。)しばらく5月以降の日経平均の様子を見てみたいと思いますが、7月から8月にかけて金融危機が生じ、9月に株式市場は暴落する恐れがあります。(それこそ、予想通り9,000円を割り込むか!?)ユーロ圏がとても不安定でギリシャの破綻が懸念されていますが、それだけでなくポルトガル・スペイン・アイルランド・イタリア・・・・等、ギリシャに劣らぬ程の国家財政の国々が後に控えています。よって、ユーロ圏はかなり不安定なので、何かのきっかけでドミノ倒しになり欧州市場は大混乱を招くおそれが有り、しいては世界恐慌突入のシナリオも考えられます。個人的にはポンドが暴落する恐れがあるので、これがユーロ圏に影響を起こすかもしれません。、また、唯一世界の景気を引っ張っている中国は、上海万博が終わる前後には経済が失墜し、バブルが弾けて経済クラッシュするかもしれません。とにかくどれが引き金になるかは解りませんが、これに伴い、米国債が下落して為替市場は乱高下し(円・ドルは90円ぐらいを無理やり演出しているため!!)、夏から秋にかけてアメリカの金融乱れが本格化し、混乱状態になる恐れがあります。つまりドル為替は、1ドル=50~60円台まで一気に下がる(円から見たら上る・・・一人勝ち!!)になるかも知れません!!ならない事を祈っていますが遅かれ早かれ・・・と言う事か????世界的な景気は二番底へ突入する可能性が高いです。オバマ政権は保護主義的貿易を強め、特にアジアに対し強硬姿勢をとりだします。しかし、オバマの政権運営はうまくいかず、めでたく退任!!・・・・と言うよりも、初めからヒラリーが大統領になるための ワンポイントリリーフだったのです!!(もっと突っ込んで言うと、オバマが大統領に就任した時点で次の大統領はヒラリー・・・と、決まっていました。) オバマ大統領は、ここら辺でお役御免になるものと思われます。重要な事は、しばらく不景気だったので、そのうちもうそろそろアメリカの景気がよくなって、日本の景気もそれに連なって良くなるんだよ!!・・・・と言う考え(10~20年前の考え)方だけは絶対×です。悪しからず!! 日本の景気に活気が戻るのは、2020年以降と私は考えています。!! 大変残念に思いますが!・・・・・。Bless you!!! それと、銀行さんが、3~4年まえから日本で色々な投資信託の 商品を売られていましたが、下落するのを見抜けていなかった(知っていて売っていたのかァー??それならたいしたもんだ!!んん!!)のには、ビックリ!!と言うか、がっかりでした。銀行の頭取なんか出てきたりして、商品の説明会and半強制的に付き合いで買わせる会、なんてあったりしました。 ハアー↓まあー買わされた?or 買った人達は、ほんのひと時ではあっても、いい思いもしたでしょうし・・・プラマイ ゼロ!!・・むしろマァーイ(マイナス)!なんて、お笑いのネタもありましたネ!!  信じるも信じないも、貴方次第!! 私の 独り言 でした。 御了承願います。 
2010年05月11日
ホームページと、これから書く内容はまったく違いますが、商売的にとても重要な事なので、ここに書かせていただきます。日本、または世界の景気についてのこれからの予測です。春先5月までのアメリカの意図的な株価吊り上げはこれで終わりです。これからは一段と株安が見込まれ、日経平均は場合によっては今月から来月中にも9000円割れも有り得る状況となるので、株式投資は要注意ですし、債券市場の下落も推察されます。投資は手控えた方がよいかと思います。為替では、円高傾向が強まっていく公算が高いので、円通貨のポートフォリオは有効だと思う。また、商品市場は、景気回復の腰折れと共に下落する傾向が強いですが、金の先物市場ではETFも含め、価格が上昇するものと思われます。金融市場からの資金が当面が流出していくことは避けられない状況となっていますので、ペーパーマネーへの投資は避けた方が無難でしょう。とにかく、日本は完璧に政治的にも経済的にも、アメリカに完全にコントロールされています。ロックフェラー系やロスチャイルド系の意思を念頭において考えれば、おのずと経済的な流れ(株価は操作されている!!)や政治の裏(小沢幹事長不起訴とゆうちょ銀行による米国債購入 中川元財務大臣の泥酔辞任は仕組まれた!!・・・・等いろいろ)などわかってきます。ちなみに、私は自民党派でも民主党派でもありません!!無党派でもありません!・・・・悪しからず。 
それと、マスコミ(近頃、マスごみ・・なんて言われている。)に影響・左右されないように御注意下さい!!ここは最も重要なところです。暗記したように・・・人は、政治家のだれだれは駄目だ!説明責任が足りない!何とか党の支持率は下がる一方だから駄目だ!!経済アナリストの何々さんがこう言っていたからこっちが正しい!日経新聞にこう書いてあったからこうだ・・・などと言う事に見覚えがある方は、無意識に大きな何かに自分が動かされていると言う事に、ちょっと立ち止まって少し考えてみてください。テレビや新聞などのマスコミ関係は、当たり触りの無い表面的なことばかりで、本音は絶対言いません。また、アメリカの不利になるようなコメンテーターや評論家は起用しませんし、本音を言ったらすぐに番組から下ろされます。上記に書いた事に見覚えのある方は、動かしたい方向に自分が無意識に動かされている・・・・・・と言う事です。一部の政治家も見えていない部分でアメリカに逆らっていますが、マスコミを使って歯向かおうものなら、何故か!?何処からか?スキャンダルがすぐに出てきて・・・・最終的には辞任に追い込まれます。ちなみに、我が県民の希望の星である、政治家のM・Y朗先生はアメリカのポチ(飼い犬のポチの事) なので、日本国内での権力は、とてもすばらしいものがあります。何をやってもスキャンダルは出てきませんし、出てきてもスキャンダルはうやむやになって無くなります。つまり、飼い主のアメリカ様の言う事を全て歯向かう事無く聞いて従っていれば、餌を与えてくれて面倒まで見てくれるので国内では無敵です。後の事は考えずに、目先の景気を好くしたいのならば、このような政治家さん達にひっついて行き、何とか党を支持するのが賢明でしょう。ただし、我々の子供達や孫の世代が成人になった時の経済は保障できません!!つけを全部後に回して、資産や財産的なもの全てをアメリカに吸い取られ、経済的・財政的・景気は超最悪は当たり前、国家破綻になる事間違いなしでしょう。 私のほんの一部分を語らせていただきました。このような話は危険なので、不定期に思い立ったらお話します。次回のお話は・・・・いつになるか???秘密です!!
                       以上
   ホームページとはまったく関係の無い 私の独り言 でした。信じるも信じないも                       貴方次第・・・・です。  御参考に!!
2009年04月27日

もうゴールデンウィークだというのに一瞬でしたが、みぞれが降りビックリ

 

 

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス